英検二級の資格を取るためにしたことについて

就職のための資格は二級以上が望ましい

英検二級の資格を取るためにしたことについて 就職活動の相談に応じていると、資格についてどの程度までアピールしたらいいのか、といった質問をよく受けます。例えば履歴書の資格欄にはどこまで記載していいのか、といった内容です。基本的には応募した職業に関連する資格から優先的に記載することを勧めています。中には様々な種類の資格を多数保有している人もいますが、これらを全て記載することが必ずしもアピールになるとは限りません。何故なら「この人は何がやりたくてこんなに資格を取ったのだろう」と疑問を抱かれ、時には「この人は仕事より勉強が好きなのでは?」と受け取られかねません。

資格については、よく「二級以上を記載するように」と指導するケースもあります。これは一般的にどの資格においても二級以上が実務レベルと解されているからです。三級は基本知識レベル、二級で実務レベル、一級になると専門職レベル、というのが一般的な受け取られ方です。ですので仕事能力をアピールする場合には二級以上の資格が有効とされているのですが、では三級を記載しても意味が無いのか、といえば決してそうではありません。例えば未経験の職業への就職を目指す場合には、知識を習得しようとする意欲を示す目的から三級を取得していることを記載しておくことは有効ともいえます。三級で基本を習得し更に二級レベルを目指している、とアピール出来ればより効果的と言えるでしょう。いずれにしても実務レベルには二級以上を目指すことが必要となります。

Copyright (C)2022英検二級の資格を取るためにしたことについて.All rights reserved.